下水道のご案内

1. エスロンパイプ概要

エスロンパイプ概要

下水道用エスロンパイプは、日本で初めての下水道用硬質塩化ビニル管として1951年に誕生しました。
現在では下水道全管中、塩ビ管は70%以上を占めています。

水理性・耐久性・耐食性・施工性に優れ、誕生以来、常に高い評価を頂いております。

2.下水道用ポリエチレン管

下水道用ポリエチレン管(日本下水道協会規格JSWAS K14)は、耐震性、可とう性、耐食性、耐摩耗性に優れているため圧力式、圧送式、真空式及び急傾斜式等のあらゆる下水道システム管路に使用されています。

1.新下水道用PE管

新下水道用PE管

下水道用ポリエチレン管は高い耐震性、耐食性に優れる、多くの皆様の信頼と実績を頂きました。
また、下水道の整備推進手法としてクイックプロジェクト等の屋外配管実験が行われています。

2.PEパイプ UVガード

PEパイプ UVガード

屋外専用に「エスロンPEパイプS UVガード」が登場。
下水道の整備に大きく貢献することが可能です。

3.急傾斜下水道システム

急傾斜下水道システムは、汚水を山間地の傾斜にそって流すため3.0m/秒の高速射流により一気に流せます。
耐摩耗性に優れた下水道用ポリエチレン管(JSWAS K14)を流れた汚水は、流速を減勢するコンパクトな減勢マンホールにより、流速を落とし既存の管路との接続が可能です。
また地形に関係なく配管することで建設コストを大幅に低減することが可能です。

3.下水道エスロンRCP

下水道エスロンRCP

『エスロンRCP』は水密性がよく、強度に優れ、工期の短縮ができ、耐久力のある撓性管で
供用開始後の『維持管理』を深く配慮して設計した強化プラスチック複合管です。

4.プラスチックリブパイプ

プラスチックリブパイプ

下水道ラインを半世紀近く支えてきた硬質塩化ビニル管。その塩ビ管の外周面に特殊成形技術による環状リブを設けた「エスロンプラスチックリブパイプ」。
VU管に比べ重量が約2/3、剛性が約2倍(呼び径400・450は約1.5倍)となった高機能管材です。

5.真空式下水道収集システム

SIVAC真空式下水道収集システムは、真空の力で汚水を収集します。
浅層埋設により従来の自然流下方式に比べ管路の建設コストを大幅に低減することができます。
更に地震に強い下水道用ポリエチレン管を使うことで地震が起きても地盤追従性があるため収集性能への大きな低下は起こりません。
SIVACは、収集人数・エリアに合わせた管路設計を行う自由度が高く、建設コストを最適化することが可能です。

ページトップへ戻る